スカッシュ


スカッシュと言うスポーツはご存知でしょうか?このスカッシュは単純に言えば壁を跳ね返るボールを打ち合うスポーツです。具体的には、4面の壁を使用し、互いにクッション性があるボールをテニスのようなラケットで交互に打ち合うスポーツです。実はこのスカッシュというスポーツが今、スポーツクラブで行うキッズスクールの中で密かに人気が出てきているのです。今回はこのスカッシュというスポーツがなぜキッズスクールで人気があるのか?という点についてみなさんにご紹介させていただきます。

スカッシュというスポーツを見たことがある方は分かるかと思いますが、4面の壁がありますので、そのどこにボールを打つのかは相手は当然分かりませんので、その部分の駆け引きがスカッシュでは非常に重要となります。そして、テニスよりも体力に加え、俊敏性や反射神経などを養うことができます。日本ではまだまだ認知度が低いスポーツですが、実はこのスカッシュはジュニアの世界大会が行われているほど世界では非常に人気のあるスポーツなのです。

また、お子様にスポーツをさせる場合に親として懸念することは危険なスポーツなのではないのか?という部分ですが、スカッシュをやる場合にはアイガードと言って、目を保護する眼鏡を装着しますので、そのような点もしっかりと配慮がされています。スポーツクラブは主にスポーツを楽しんでもらうという目的がありますが、スカッシュを習ってみて、もっとうまくなりたいと思ったり実際に試合をしてみたいというお子様にはジュニア大会への参加ももちろんできますので、競技として取り組むことも可能です。


 

▼関連記事▼

  1. スポーツクラブについて
  2. スポーツクラブに通わせる理由
  3. サッカースクール