サッカースクール


スポーツの醍醐味としてチームスポーツは人間形成といった部分でも非常に魅力的でかつ効果的なスポーツと言えるでしょう。そんなチームスポーツを今ではスポーツクラブでも習うことができるということをみなさんご存知でしょうか?スポーツクラブと言うと、スイミングスクールなどどうしても個人のスポーツをイメージしてしまいますが、今ではこのチームスポーツもスポーツクラブには存在しています。今回は子供達が好きなスポーツでも常に1、2位を争うサッカーについてご紹介させていただきます。

ひよこ子供達がスポーツクラブでサッカーを習う場合、多くは年齢によってクラス分けがされます。一般的には3歳程度から入会できる幼児クラスから始まり、小学校低学年、中学年、高学年といったようなクラス分けがされます。幼児クラスでは、基本的に1人1個ボールを持ち技術的なことというよりは少しでも多くボールに触れ、ボールに触れることでサッカーの楽しさを覚えるといったことを目的としています。低学年クラスの場合、さらにそこからサッカーの醍醐味とも言えるドリブル練習やリフティングといったサッカーボールを上手に扱うことができる練習を行います。中学年クラスはそのドリブルやリフティングなどを応用し更にそのサッカーで必要とする技術を高めます。

高学年クラスは実際に試合形式で行う練習を主とします。このようにスポーツクラブでサッカーを習う場合は年代ごとにクラス分けされ、それぞれのクラスが一律でサッカーを学ぶことができますので、サッカークラブのように勝ち負けを争うようなことはなく、サッカーという本質的な部分を習うことができるのです。


 

▼関連記事▼

  1. スポーツクラブについて
  2. スポーツクラブに通わせる理由
  3. スカッシュ